23歳 転職 未経験

“・23歳の時に未経験の転職活動

私は進学校でしたが、さまざまな事情で高校を卒業してからすぐに、地元の会社に事務職で就職しました。

しかし、労働条件があまり良くなく、仕事もあまりやりがいを感じられませんでした。

その後、その会社を退職してから、しばらくブランクが空きました。
その間は短期のアルバイトなどをして、いわゆるフリーターのような状態でした。

アルバイトをしながら、自分が本当にやりたい仕事を見つけようと思っていたのですが、なかなかそれを見つけることができませんでした。
そこで、事務職でももっと労働条件の良い会社に就職したいと考えるようになりました。

事務の経験があったので、転職活動は全くの未経験でしたが、以前の会社よりも良い条件のところに再就職をしたいと思いました。
しかし、今のままでは好条件の会社に転職するのは難しいと思いました。

・スキルアップをして転職活動に挑む

そこで、まずは自分のスキルを上げていくことにしました。
アルバイトをしながら、スキルアップのための勉強を1年くらい続けました。

そこで転職活動を再開したら、以前よりも好条件の仕事の求人を見つけることが多くなりました。
とは言え、何度か求人の申込みをして、採用試験や面接に行きましたが、どこかしっくりくるところかありませんでした。

また、条件の良い求人は応募者も多く、何社かは不採用になってしまい、やはり転職は非常に難しいと思いました。
本格的に転職活動を始めてから、4か月くらい経った頃、ある大手企業の求人を見つけました。

その企業の営業所の営業事務の求人募集でした。
その場所は自宅からも近く、労働条件や給与は以前の会社とは比べものになりませんでした。

・運命的なご縁を信じて良かった

私は何か運命的なものを感じ、その求人に応募することにしました。
試験は筆記と面接が行われました。

私以外にも数人応募しているようでした。
私は良いご縁があってほしいと思いつつも、数人の中の一人に選ばれるのは難しいかもしれないとも思いました。

採用試験があってから、3週間ほど経った頃に、採用の電話を頂き、翌日から勤務することになりました。
今までとは会社の規模も仕事のやり方も全く違い、未経験のことばかりでした。
しかし、その環境に慣れてくるうちに、この企業に転職して良かったと思うようになりました。”

“転職活動では、しばしば経験がポイントになります。業務経験が無いと、内定が厳しい企業もあるからです。23歳の方々は、経験不足で悩んでいる事もあります。

業務経験者を採用している一般企業

一般企業では、業務経験がある方を募集している傾向はあります。特に中途採用などは、その傾向が顕著です。新卒採用と違って、ある程度は業務経験がある人材のみを募集している企業も目立ちます。
企業としては、やはり即戦力を求めているのです。業務経験がある人材なら、企業でも活躍してくれると見込まれるので、経験者を積極採用している企業も多いです。

若年者が不足している企業では積極採用される

しかし「全て」の企業に対して、上記の状況が当てはまる訳でもありません。各企業により、状況も異なるのです。
そもそも最近では、若い人材が少々不足している一面があります。経験豊富な年配の方々は多く在籍していても、若年者が少々不足している企業も、珍しくないのです。
若年者が少ない状況ですと、企業としては年齢を調整しようとする傾向があります。ですから経験があまりない人材でも、積極採用してくれる企業もあるのです。
23歳という年代層も、例外ではありません。23歳でも、企業によっては積極採用してくれる事もあるのです。

経験不足でも資格で補える事も

ただし企業側からすれば、やはり業務経験がある方々の方が、即戦力として活躍すると考えているのも事実です。しかし23歳という年齢では、まだ業務経験が1年ほどしかない事も多いので、なかなか難しいケースもあります。
このため23歳で転職活動をするなら、資格取得目指して頑張ってみる選択肢もあるのです。そもそも企業側としては、業務経験だけで全てを判断する訳でもありません。現場で役に立つと見込まれる資格を保有している人材なら、高く評価される事もあるのです。
その点に着目して、資格を取るよう頑張っている23歳の方々も、珍しくありません。経験に不安があるなら、資格取得の勉強も検討してみると良いでしょう。”

参考サイト:転職KING