第二新卒 転職

“離職率が低い会社の求人を選択
第二新卒の転職を考えている方は、再び離職をしないように気を付けないといけません。あまりにも短い期間に転職を繰り返してしまうと職務経歴書にキズがついてしまい、転職活動をすることが難しくなるからです。特に第二新卒の方は、一度短い期間で転職をする事になります。安心して働く事ができる会社を選択できるように離職率に注目することが大切です。
同じような会社でもどのくらいの離職率になっているのか大きな違いが発生しています。低い離職率になっている会社は、勤続年数が長い社員がいるので安心して働ける可能性が高まります。しかし離職率が高いとせっかく第二新卒で転職することができても事情によって、離職しなくてはいけない状況が発生する可能性があります。そのような可能性を減らす為には離職率に注目することが大切なポイントです。

離職理由はポジティブに伝える事が重要
大きな問題に繋がりやすいのが離職理由になります。第二新卒の転職ということで、新卒として仕事をしてから三年以内の離職になります。第二新卒の人材確保を考えている会社にとって、必ずといっていいほど聞いてくる質問内容になります。ここでネガティブな理由ではなく、ポジティブな離職理由を伝える事が重要です。キャリアアップもしくは新しい仕事にチャレンジしたいなどの意気込みを伝える事ができれば、マイナスな印象を避けられます。仕事がきつかったもしくは人間関係が酷いなどの理由を伝えてしまうとマイナスな印象を与えやすいので注意点です。

会社に対し将来性をしっかりとアピール
残念ながら第二新卒の方は、他の人材と比較しても技量や経験値において、劣っている可能性が高いです。即戦力として期待出来ない部分があるため、将来性をアピールすることが重要です。特に若い年齢の方は、将来性が高いことを会社にアピールすることで、現状は優秀では無いかもしれませんが将来は会社の中枢を支える貴重な人材として活躍できる可能性を秘めています。
どのようなスキルや技量を身につけているのかアピールするだけではなく、取得している資格なども伝える事ができれば、好印象を与えやすいです。また未経験の業種や業界にチャレンジする時は、体力ややる気などを全面的にアピールすることで、採用してもらえる可能性が高まります。”